◇宝くじ公式サイト
https://www.takarakuji-official.jp/

ナンバーズやロトなどとは違って、インターネット専売されている宝くじ「着せかえクーちゃん」。もう19回目の抽選が終わりました。僕の戦績は、毎回1口ずつ購入して、2等1回、3等3回です。
1等であれば、4000円から19000円ほどになりますので、ナンバーズ3 ミニ相当の当選金額となっています。1等を何度も当てられるようになれば、なかなかのお金になります。2等当選でも400円から600円ほどになりますので、それが貯まってくれば、案外バカに出来ない額になるでしょう。

着せかえクーちゃんの当選には、クーちゃんの絵柄と位置が一致していなければいけません。4つの絵柄を一纏めに観れば、625通りありますので、そこから当りを出すのは大変です。しかし、2等・3等のセーフティネットが設けられていますので、上手に買っていけば、宝くじの中でも良い「投資先」になりえます。

1.前半の絵柄と後半の絵柄に分けるという予想パターン

第18回の当選絵柄は、「メロン・ミカン・リンゴ・メロン」でした。
https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/kisekae-qoochan/qoochan/index.html
c010eb95-337d-4086-b87d-2d7df6fbee69


予想する上で、前半「メロン・ミカン」、後半「リンゴ・メロン」というように分けますと、25通りx25通りで625通りとなります。つまり、競馬やボートレースでよく使われる買い方である「流し」を使う事が出来ます。前半「メロン・ミカン」を選んだとしますと、後半25通り全てを購入すれば、前半のメロン・ミカンを当てれば、1等当選がかなり近づきます。

第19回までの25種類の絵柄パターンの出現回数は画像のようになりました。
スクリーンショット_2020-05-07_19-46-06

この中から前半の絵柄2つのパターンを1つ選び、後半のパターンを流すという買い方が出来ます。これを応用すれば、ナンバーズ4でも使えますが、金銭的には着せかえクーちゃんの方がやり易いでしょう。

2.前半3つの絵柄パターンを一つ選んで、最後の絵柄を流す予想パターン
例えば、「ブドウ・メロン・メロン」という一組の絵柄パターンを一つ選びます。最後の部分を「メロン・ブドウ・モモ・リンゴ・ミカン」の全ての絵柄に流すという買い方です。つまり、以下のように5点購入します。

ブドウ・メロン・メロン・メロン
ブドウ・メロン・メロン・ブドウ
ブドウ・メロン・メロン・モモ
ブドウ・メロン・メロン・リンゴ
ブドウ・メロン・メロン・ミカン

これを逆に1つ目の絵柄を流しても良いでしょう。

メロン・ブドウ・メロン・メロン
ブドウ・ブドウ・メロン・メロン
モモ・ブドウ・メロン・メロン
リンゴ・ブドウ・メロン・メロン
ミカン・ブドウ・メロン・メロン


3.4つの絵柄の一組のパターンを継続して買う
一つの絵柄パターンを購入して、1等当選が出るまでずっと買い続ける方法です。ナンバーズやロトでは定番の方法ですし、着せかえクーちゃんは1口100円ですので、継続買いがし易いのもメリットです。
また、口数を増やしていく事で、当選した時の当選金が増えます。この辺は、競馬やボートレースと同じ考え方です。着せかえクーちゃんにはオッズという考え方がありませんが、2等500円でも当選すれば、かけた口数だけどんどん増えていきますので、当選金が少ない着せかえクーちゃんにおいて、出来るだけ当選金を増やしたいという人に有効な方法です。

他にも予想方法や購入方法はあると思います。ナンバーズやロトを買うついでに、購入してみても面白いでしょう。特に、ナンバーズ3ミニやナンバーズのボックスを狙っているなら、これらの数字選択式宝くじとの相性が良いと思います。

ちなみに、19回までの当選絵柄のパターンは画像のようになっています。絵柄が2つ出てくるダブルが多い事が分かります。
スクリーンショット_2020-05-07_20-15-09