White Fox

White Foxは、話題のドラマ・番組に関するまとめ、副業でのお金の稼ぎ方、宝くじなどの攻略、ポイ活の活用法、生活に役立つ情報を提供するブログです。

2020/3/8の競艇予想

◇桐生
2R 4-3-9 3連単フォーメーション<ハズレ>

メンバー構成的に、岡祐臣選手のまくり差しが決まる可能性が高いと思います。1号艇・2号艇がそれほど強く無いので、岡選手のまくり差しが決まれば、すんなりと3号艇の椎名選手が付いてくるかも。

3R 4=5-6 3連単フォーメーション<ハズレ>

昨日とは違って、4号艇の藤生選手や5号艇の萬選手がいるので、6号艇の澤選手のまくり差しは難しいかと。

8R 1-5-9 3連単フォーメーション<ハズレ>

1号艇の岡祐臣選手選手の逃げ、1マークでの5号艇の鳥居塚選手の差しが決まり易いメンバー構成。

11R 1-2=45 3連単フォーメーション<的中>

4号艇の佐口選手がちょっと怖いけれども、シンプルに1号艇・2号艇・5号艇で決着と予想。1号艇の松尾選手が逃げる事が出来るかどうか。2号艇の濱野家選手がまくりをしに行った場合、流れたスキに4号艇の佐口選手や5号艇の春園選手が差してくれば、いずれかが2着になる可能性あり。

12R 1-4=5 3連単フォーメーション<ハズレ>

2号艇の荒川選手・3号艇の杉山選手のモーターがそれほどでもないので、鳥居塚選手のイン逃げ濃厚。2号艇・3号艇の2人が第1ターンマークでもたついたら、4号艇の浜野選手や5号艇の中野選手の差しが決まると思います。

【ボートレース】3連単3着流しと5・6頭外しで当たる確率を上げる

ボートレースの3連単の組み合わせは、6通りx5通りx4通りで120通り(順列)です。しかし、実際のレースで5号艇・6号艇が1着になるケースは、それらにA1・A2級のまくり・まくり差し・差しが得意な選手、あるいは何らかの状況で恵まれた場合に限られるので、B1級・B2級が5号艇・6号艇に来た場合は5号艇・6号艇を頭にする必要はありません。その為、3着流し4点買いをする事で、1着・2着だけを考えるだけで済み、さらに5号艇や6号艇の頭を考えなければ、さらに絞る事ができ、1着・2着の予想がし易くなります。
もっと絞るなら、2着に5号艇・6号艇のB1・B2級の選手が来るのもあまりありませんので、外してしまっても良いかもしれません。

3連複20通りと同じ感覚で予想でき、配当もうまく行けば、万舟も狙えるでしょう。3着流しが基本ですが、1着と3着が明らかに決まりそうであれば、2着を流しても良いですし、2着・3着を予想出来るなら、1着を流しても良いと思います。
1場1日12Rありますが、3連単4点流しで1Rずつ買っても4800円で済みます。ピンっと来なければ、買う必要もありませんし、その分、後から自信のあるレースに1口当りの金額を上げても良いでしょう。

【ボートレース】あの八百長疑惑の元ボートレーサーが逮捕された

八百長疑惑でボートレース界隈で話題になっていた元ボートレーサーの西川昌希容疑者が逮捕されました(^_^;)。
琵琶湖のレースを見れば分かりますが、2号艇の西川容疑者がかなり減速して、3号艇に抜かせようとしています。これだけあからさまなやり方では、名古屋地検特捜部に目をつけられるのも当たり前かと(^_^;)。しかも、警察による逮捕ではなく、地検特捜部による逮捕なので、証拠をガッチリ押さえられているのでしょう。

◇【西川昌希】八百長で逮捕されるきっかけとなった公営競技史上最悪のレース


◇元ボートレーサーの男逮捕、順位操作の見返りに現金[2020年1月8日16時43分]
https://www.nikkansports.com/general/news/202001080000515.html

d6221d8c-1835-4fcf-871d-c60c6458ed55


◇不自然に大回りし急減速も…逮捕容疑のレース「八百長だ」と当時話題に 元競艇選手わざと負け見返りか
https://www.fnn.jp/posts/9425THK/202001091637_THK_THK


ボートレースでわざと負け、見返りに現金を受け取ったとして元レーサーの男らが逮捕された事件。逮捕容疑となったレースは、ボートレースファンの間でも「八百長」だと指摘され、話題となっていました。男は、どのように犯行に及んだのでしょうか。

ボートレースファンの男性:

「金返してほしいよね」

別の男性:「許せんわ、そりゃね」

 ボートレースファンから怒りの声があがった事件…。8日、名古屋地検特捜部に逮捕されたのは、三重県出身の元ボートレーサー・西川昌希容疑者(29)。

(リポート)

「西川容疑者はわざとレースに負け、見返りに現金を受け取っていたということです」

 事件の舞台となったのは、滋賀県大津市の琵琶湖モーターボート競走場。西川容疑者は、去年7月、親戚の増川遵容疑者(53)が購入した舟券に合わせ、2度のレースでわざと負け、見返りに現金300万円を受け取った疑いが持たれています。

 2009年にデビューした西川容疑者。10年間での生涯獲得賞金はおよそ1億7500万円。最上位のクラスで活躍した人気レーサーでしたが、去年9月に突然引退しました。

 9日、名古屋市にあるボートレースの場外舟券売り場を訪れていたファンは…。

西川容疑者のファン:

「あの選手(西川容疑者)が出るレースは結構荒れるなと思ってたので、結構買ってたんですよ。(Q.問題のレースは話題になっていた?)なってましたね。引退する前くらいから、ちょくちょく(話は)出てましたし」

 今回、逮捕容疑となったレースはファンの間でも「八百長だ」と話題に…。そのレースは誰がみても不自然なものでした。

 ボートレースは、6人の選手が一周600メートルのコースを3周し、順位を競います。今回、逮捕容疑となったレースで西川容疑者は2号艇でスタート。2周目までは先頭から3番目を走行していました。

 しかし、そのまま3着でゴールするのを避けるため、わざと不自然にコースを大回りしたり、急にスピードを落としたりして後ろのボートに抜かせて4着でゴールしたとみられています。

西川容疑者のファン:

「3着だったのにそのまま下がって4着になった。『え、なんであそこで下がっちゃう?』っていうのはありますね。(ああいうことは)見たことないです」

(リポート)

「レースの舟券は直前に大量に購入されていたということです」

 西川容疑者は増川容疑者が大量購入した舟券にあわせてレースでわざと負けたていたとみられていて、この日行われた別のレースでも増川容疑者の予想に合わせ、2着でゴールした疑いがもたれています。

 レース直前にスマートフォンで増川容疑者と連絡を取りあっていたとみられる西川容疑者。

 ボートレーサーは不正を防ぐため、レース前日に宿舎に入り、通信機器を預けることになっていますが、西川容疑者は何らかの方法で不正にスマホを持ち込んでいたということです。

 ファンを裏切るプロレーサーの犯行…。名古屋地検は2人の認否を明らかにしていませんが、犯行の経緯を詳しく調べています。
  • ライブドアブログ